テキトー簡単お魚料理 タイトル

房総釣り師 魚が釣れ過ぎた時の保存法等


ペン
船釣りでもボート釣りでも思わぬ大漁というのは嬉しいものです。しかし、何十匹の魚を一人で食べられるものではありませんし、「釣り過ぎ」を諌めるためにもある程度釣れたら竿を仕舞うように心がけています。しかし、です。そこがうまくコントロールできないのが釣り師の煩悩…。「もうこれで十分」と思いつつ「もう一投だけ」なんて、結局は滅多にない大釣りに我を忘れてしまうのです。クーラーの蓋が閉まらないほどの大漁や、各漁場で決められている「規定数(例えば外房大原でイサキなら50匹までとか)」までいった時、嬉しいのは嬉しいのですが、そのたくさんの魚をどうしたものかと考えてしまう事もあります。家族で食べきれる量にも限度があります。

対策として、まず一番は、「近所で魚が捌けて魚が好きなお宅と懇意にしておく」のがベスト。まず喜んでいただけますし、一番簡単(見栄を張って大きい獲物をお渡しましょう)。しかし、その反動もあります。私が釣りに行くのを見て、「期待されてしまう」事です。そんな日に貧果に見舞われると、コソコソと帰ってくる事となります。それはさて置き、イサキやアジやキントキ、イナダなどはけっこう喜ばれます。特にイサキですね。キスもポイントに当たれば「束釣り(百匹)」があります。「魚は好きだけど、捌くのは…」というお宅には、直ぐに食べられるように下処理して差し上げると喜ばれます。でも、何度か引っ越しをすると、周りにそのようなお宅が見当たらなくなる事もあります。

そんな時には「冷凍保存」という手があります。これは、一般家庭用の冷蔵庫のフリーザーでも十分なのですが、本格的にやるなら「冷凍庫」を用意すると、やはり凍らせる力が違います。容量もありますし。よく同じ船で顔を合わせるベテランの方は、この冷凍庫を使っているようですが、悩みは「場所を取ること」とか。その方は駐車場に囲いを作って、そこに冷凍庫を置いているそうです。今は家庭用の冷凍庫もけっこう安く出回っていますから、置く場所が確保できるのなら、オススメです。

冷凍保存の際の基本は、やはり、鱗と、エラや内臓は取っておくことです。カチンコチンになった魚を捌くのは解凍してからとなりますのでちょっと面倒くさいし、いくら冷凍と云っても、傷みやすい所は取っておくべきでしょう。あと、捌いて保存する状態ですが、生のままで保存する場合、水気は必ず取っておかないと、解凍した時の「食味」が落ちます。キッチンペーパーで丁寧に拭いて、水気は取っておきましょう。ラップかジップ(袋)に入れて凍らせ、味噌漬けなら、タッパ(ジップもあり)ですね。干物にして冷凍すると「風味」をそのまま保存できます。下味をつけておいたり、煮魚などにして、ひと手間かけてから冷凍すれば後が楽です。

肝心の「保存期間」ですが、1~2週間。専用の冷凍庫でも長くて一ヶ月程度でしょう。あまり長く冷凍しておくと「冷凍焼け」といって、乾燥したのと同じような状態になって、パサパサとなり食味が大きく損なわれてしまいます。船宿の女将は半年くらい平気なんて言いますが、ちょっとそれは長すぎます。向こうは本格的な「冷凍室」を持っていますから。

で、頂く時の「解凍」ですが、室温でゆっくりやると一見自然な感じですが、水っぽくなりますので、時間に余裕があれば「冷蔵庫」内でユックリやるのが良いでしょうね。電子レンジで「解凍」という手もありますが、意外と解凍にムラが出て、水っぽくなったり、一部が焼けたりしますから加減がちょっと難しいかも、です。

いずれにしても「大漁」は釣り師にとって至福の境地ですが、美味しく食べてこそ釣りの楽しさは完結します。我が家では、刺身はその日か、(根魚等)数日のうち、冷凍したものは焼き魚か煮付けで。アラ煮などは釣ったその日に食べるのが美味しいのですが、全部は…。知り合いの釣り師は、とにかく保存する魚は全て「干物」にして、専用の冷凍庫で保存し、毎晩美味い魚を肴に酒を楽しんでいるようです。で、ストックが少なくなると釣りに出かけるとか。酒の肴を釣りに行くわけですな。

テキトーコラム 目次へ



★魚の捌き方・下処理 オニカサゴの毒針処理
★魚の捌き方・下処理 カワハギの「五枚おろし」&肝処理
★食べない魚はリリース 食べられますけど… ウミタナゴ
★テキトー簡単お魚メニュー カイワリの刺身&塩焼き
★テキトー簡単お魚メニュー シマダイの塩焼き

趣味&雑学&ハウツー自己サイトPR

■カタログ気分でお楽しみください。掘り出し物が見つかることも…。
房総釣り師 フィッシングストア バナー
■毎日の生活に、あれば便利、あれば楽しい「あれこれ」です。
毎日の生活彩々市場 バナー

スポンサー リンク

他 リンク

「船釣りを楽しむ」サイト
船釣り バナー
「ボート釣りを楽しむ」サイト
ボート釣り バナー


■サイトポリシー ■プロフィール
■お問い合わせ
ページトップへ戻る

Design by Megapx / Template by s-hoshino.com
Copyright(C) Nasamuk All Rights Reserved.