テキトー簡単お魚料理 タイトル

テキトー簡単お魚メニュー ヒイラギの煮付け


このヒイラギという魚、私が住んでいた瀬戸内海沿岸ではキンキラと呼んでいました。子供の釣り遊びでハゼと並んで格好の釣りものでした。漁港などで多い時にはバケツ一杯釣れました。確か、魚屋でも売っていたと記憶しています。要するに、食べられます。身は上品な白身ですが、欠点は身が少ない事(小さいから)。骨は硬くて食べられません。こちら(関東)ではキス釣りの時のお約束外道ですが、みなリリースしているみたいです。つまり、食べないようです。食文化の違いでしょうか。
ヒイラギ
まあ、すべてキープしていたらそれこそ小さなバケツ一杯釣れるでしょうけど。キスより先に餌に食いついてくるため、キス釣りの邪魔者とされているのでしょう。事実、このヒイラギの活性が高い時はキスが釣れません。しかし、身の厚いものを選別して10匹くらいキープしてみてください。煮つけるとこれがけっこう美味いのです。

料理は簡単です。このヒイラギ、ヌルヌルが強いのでそれを包丁の先で掃くよう取って水で流し、頭と内臓を取ります。鱗はありません。皮を取る必要もありません。それを、醤油、味醂、酒、砂糖を各同量で、少しの水を加えて、好みですが少し濃いめに煮つけてください。
ヒイラギ 煮付け
身が薄いですから(ボッテリとした個体もいますが)あまり煮つけすぎないように。身剥がれは良く、身は少ないのですがなかなかに美味しい白身です。これを刺身にする猛者もいるようですが、小さいし、身が少ないので結構大変でしょう。ヒイラギの煮つけはとにかく簡単な一品です。私は酒の肴で楽しんでいます。少ない身を剥がしながら食べるのはけっこう楽しい(?)ですよ。キス釣りをする方は試してみてください。ささやかなお土産になります。

テキトー簡単お魚メニュー 目次へ




アクセス数ベスト5コンテンツ
★魚の捌き方・下処理 オニカサゴの毒針処理
★魚の捌き方・下処理 カワハギの「五枚おろし」&肝処理
★食べない魚はリリース 食べられますけど… ササノハベラ
★食べない魚はリリース 食べられますけど… エイ
★魚が釣れ過ぎた時の保存法等


「釣り」テーマ以外の運営サイト
趣味&雑学&ハウツー自己サイトPR
「船釣りを楽しむ」サイト
船釣り バナー
「ボート釣りを楽しむ」サイト

ボート釣り バナー

■サイトポリシー ■プロフィール
■お問い合わせ
ページトップへ戻る

Design by Megapx / Template by s-hoshino.com
Copyright(C) Nasamuk All Rights Reserved.