テキトー簡単お魚料理 タイトル

テキトー簡単お魚メニュー イサキの塩焼き&はぶて焼き


個人的にイサキは塩焼きが一番美味いと思っています。もちろん刺身も美味。ただ刺身ですと冬の時期に脂ののった寒イサキに軍配が上がります。冬の時期、マダイの外道で来たイサキは非常に美味。私はイサキ釣りということでは、いわゆる梅雨イサキを狙います。理由は白子。これが目当てでイサキを狙うようなものです。が、当然、イサキ自身も美味しくいただきます。
イサキ
この時期のイサキは塩焼きが美味いと思っています。次は刺身で食するよりナメロウ。絶品です。梅雨時期のイサキは程よくアッサリとした身で、寒イサキなら刺身ですが、梅雨イサキならナメロウがオススメです。
イサキ料理
しかし、いつも良型に恵まれて大漁とはいきません。特に何故か東風が吹いて水温が下がった時は、活性が下がるのか、なかなか釣れてくれません。また、魚が小さい。いわゆるウリンボばかり来る時があります。小型のものは煮て食べると美味しい、とは、いつも行く船宿の大女将さんの言葉。焼くと身が締まって、小骨の多いイサキは少々食べにくい。それなら、煮魚、という事でしょう。基本は醤油、お酒、味醂、砂糖を各同量で少しの水を加えて、煮付けます。味付けの濃淡はお好みで調整してください。
イサキ 煮魚
で、その煮魚ですが、これを更に焼くと香ばしい「はぶて焼き」となります。「はぶて」とは私の育った瀬戸内海沿岸の某地方の方言ですが、「はぶてる」と言い、「不貞腐れる、膨れっ面をする」という意味です。で、その「はぶて焼き」とは、一度煮たイサキを次の日に焼いて作ります。由来は、姑の嫁いびりだそうです。残っていたイサキの煮付けを次の日に姑が嫁に「焼いてくれんかね」と言います。魚は煮ると身がゆるくなりますから焼きにくい。嫁が身を崩さないように苦労して焼いていると姑が「こがあに(こんなに)簡単な事も出来んの?」と嫌味を言うそうです。その言葉に嫁は不貞腐れて膨れる、と。それで「はぶて焼き」。なんともまあ、笑えない名前の由来です。
イサキ はぶて焼き
しかし、これが美味い。煮付けにして味が浸み込んだイサキを焼くと、香ばしくなります。煮付けてありますから焦げやすくなりますけど、弱火で表面が適度に焦げる程度焼けばOK。身はもうすでに火が通っていますから。小型のイサキのほうが焼きやすいですね。オススメです。

テキトー簡単お魚メニュー 目次へ




アクセス数ベスト5コンテンツ
★魚の捌き方・下処理 オニカサゴの毒針処理
★魚の捌き方・下処理 カワハギの「五枚おろし」&肝処理
★食べない魚はリリース 食べられますけど… ササノハベラ
★食べない魚はリリース 食べられますけど… エイ
★魚が釣れ過ぎた時の保存法等


「釣り」テーマ以外の運営サイト
趣味&雑学&ハウツー自己サイトPR
「船釣りを楽しむ」サイト
船釣り バナー
「ボート釣りを楽しむ」サイト

ボート釣り バナー

■サイトポリシー ■プロフィール
■お問い合わせ
ページトップへ戻る

Design by Megapx / Template by s-hoshino.com
Copyright(C) Nasamuk All Rights Reserved.