テキトー簡単お魚料理 タイトル

テキトー簡単お魚メニュー イワシのツミレ汁&ハンバーグ


イワシは「海の米」と言われます。つまり、色々な魚(フィッシュイーター)のご飯になってしまう訳です。で、名前の由来も「弱し(よわし)」が訛ったものとの説もあります。漢字で書けば魚へんに弱。なんか、散々な感じのする魚です。餌になるために生まれてきたわけではないでしょうが、海の食物連鎖の下の方に位置するのは間違いないでしょう。人間様も美味しくいただきます。このイワシ、イワシ釣りというのが特にあるわけではありませんが、船からではなくても漁港などでサビキで釣れます。私は、ボートで狙ったり、泳がせで根魚を狙う時にサビキで釣ることはあります(ウルメイワシやカタクチイワシ)。ヒラメ釣りの餌で与太ったマイワシをお土産でいただくこともあります。大きくなるのはマイワシです。ここでの材料はマイワシを使います。
イワシ
「イワシも7度洗えばタイ」という言葉がありますが、余分な脂分を流せば、その身は誠に美味しい! 新鮮なものは塩焼きでも煮てもGOODです。で、少し手を加えれば、これが更にうまくなります。ツミレです。鍋にしても美味しいのですが、汁にすると酒の肴にもなるゴージャスな汁になります。ツミレの作り方は人それぞれだと思いますので、とりあえず私の作り方。できるだけ簡単に作ります。イワシは柔らかいので手で捌けます。頭と内臓を取って、骨をこそぎ落とすようにして、鱗も皮ごと剥がします。尾びれや他のひれも手でちぎればOK。ハイ、イワシの身が取れました。少々骨が残っていても気にしません。これも栄養。すり鉢に叩いた(細かく刻んだ)イワシの身と酒を適量、そしてネギのみじん切り(少々お大目に入れます)とおろしショウガを少々。あとは全体がなじみやすいように調整程度に少量の水を加えます。あとは片栗粉を適量加えて、ひたすらすりこぎ棒ですり鉢の中の身をスリスリ。
ネギ ショーガ
フードプロセッサーを使えば楽ですけど、私はすり鉢。加減ができますから。スリスリしているうちに次第に粘り気が増してきます。どこまでやるかはお好みです。私は多少身のコロコロした部分が残っている程度まで擦ります。汁はスタンダードに昆布でダシを取り、塩と醤油で調味します。昆布は水が沸騰する前に取り出してください。エグ味がでますので。あとはツミレを一口大にして入れ、煮立ってきたらアクを取ります。で、ここが私のオリジナル(?)。木綿豆腐を半丁(一丁入れてもいいですが…)、入れます。椀に入れて、白髪ネギか三つ葉を好みで添え、白ゴマを適量振りかけます。文章は長くなりましたが、それほど難しいものではありません。これで、酒の肴にもなるツミレ汁の出来上がりです。
イワシのツミレ汁
ここでツミレを見ていると、ハンバーグにしてみたくなります。そのままですとちょっと風味がイメージと違うので、イワシの身に刻んだ玉ねぎを加え、調味に味噌を好みの量とおろしショウガ(ショウガ汁の方が全体になじみやすいです)、そして生卵を加えこれもすり鉢でスリスリ。生卵を加えるのでけっこうユルくなりますが気にしないでください。焼けばこの卵が「ツナギ」の役目を果たしてくれます。刻んだ万能ねぎを適量加えておくと風味が増しますが、これはお好みで。
イワシのハンバーグ
ハイ、これでイワシのハンバーグができました。そのまま食べても味噌で味が付いていますから美味しい!マヨネーズや大根おろしでいただいてもGOODです。私はマヨネーズをちょっと付けて食べます。肉のハンバーグより口当たりがフワッとしたクセのない美味しさが楽しめます。ぜひお試しください。簡単ですから。ちなみに、イワシの天ぷらもやって見ましたがこちらは風味として私的にはイマイチ。まあ、好みですけど。

テキトー簡単お魚メニュー 目次へ




アクセス数ベスト5コンテンツ
★魚の捌き方・下処理 オニカサゴの毒針処理
★魚の捌き方・下処理 カワハギの「五枚おろし」&肝処理
★食べない魚はリリース 食べられますけど… ササノハベラ
★食べない魚はリリース 食べられますけど… エイ
★魚が釣れ過ぎた時の保存法等


「釣り」テーマ以外の運営サイト
趣味&雑学&ハウツー自己サイトPR
「船釣りを楽しむ」サイト
船釣り バナー
「ボート釣りを楽しむ」サイト

ボート釣り バナー

■サイトポリシー ■プロフィール
■お問い合わせ
ページトップへ戻る

Design by Megapx / Template by s-hoshino.com
Copyright(C) Nasamuk All Rights Reserved.