テキトー簡単お魚料理 タイトル

テキトー簡単お魚メニュー カナガシラの塩焼き&丸唐揚げ


カナガシラはホウボウの仲間です。違いは、あのホウボウ特有の美しい胸びれが無い事と、大きくなっても30cm程度で、小ぶりな事です。名前の由来はその硬い頭。「金頭」「鉄頭」とか書くようです。そのマンマですね。このカナガシラは「縁起」の良い魚とされ、地方によっては子供の「お食い始め」に使われるようで、宮中の儀式でも使われる、ありがたい魚です。また、「金頭」という呼び名から「お金が儲かる」縁起ものとされ、面白い呼び名としては、「仮名(の)頭」ということで「イ」とも呼ばれるようです。イロハのイです。これは市場での呼び名らしく、粋ですね。
カナガシラ
と、色々謂れのある魚ですが、私の周りではそれほど珍重されている様子もなく、殆どがただの外道扱い。生息域が50mから300mの広いレンジ(もう少し浅い所にもいますけど)にいるようですから、色々な釣りもので上がってきます。私はコマセマダイか深場のカワハギ釣りで時々出会います。このカナガシラ、実は大変に美味い魚なのです。

脂ののった冬が旬です。捌き方はホウボウと同じ。刺身は言うに及ばず、定番の塩焼きでもホウボウ並みの美味さです。もちろん煮付けても鍋ネタにしても美味いのですが、実際釣れてくるのは20cm程度ですから、ボリューム感はイマイチです。
カナガシラ 刺身 塩焼き 鍋
そこで、その小ぶりな所を活かして、丸のままの唐揚げがオススメです。
カナガシラ 丸唐揚げ
塩、コショーで味を調え、小麦粉をまぶしたらダイナミックに丸のまま唐揚げにしましょう。ホクホクとしたホウボウ並みの白身が楽しめますし、丸揚げですから、香ばしい事この上なし。冬の釣りでこのカナガシラを釣ったら、喜びましょう。縁起も良ければ、美味しいのですから。

テキトー簡単お魚メニュー 目次へ




アクセス数ベスト5コンテンツ
★魚の捌き方・下処理 オニカサゴの毒針処理
★魚の捌き方・下処理 カワハギの「五枚おろし」&肝処理
★食べない魚はリリース 食べられますけど… ササノハベラ
★食べない魚はリリース 食べられますけど… エイ
★魚が釣れ過ぎた時の保存法等


「釣り」テーマ以外の運営サイト
趣味&雑学&ハウツー自己サイトPR
「船釣りを楽しむ」サイト
船釣り バナー
「ボート釣りを楽しむ」サイト

ボート釣り バナー

■サイトポリシー ■プロフィール
■お問い合わせ
ページトップへ戻る

Design by Megapx / Template by s-hoshino.com
Copyright(C) Nasamuk All Rights Reserved.