テキトー簡単お魚料理 タイトル

テキトー簡単お魚メニュー クラカケトラギスの糸造り


カワハギ釣りの定番外道、クラカケトラギス。本家のトラギスとは違って背中に鞍を掛けたような模様があります。それでクラカケトラギスと呼ばれるのでしょう。本家のトラギスは塩焼きで喰えない事も無いでしょうが、小さいし、身も少ないのでこれはリリース。で、このクラカケトラギスは意外としっかりした身を持っていますので、私は糸造りでいただきます。旨味的にはイマイチなのですが、けっこう歯ごたえのある一品が作れます。型の良いものはキープして、お試しください。
クラカケトラギス
捌き方はキスと同じで、皮を引いてサクを取ります。透明感のあるきれいなサクが取れます。糸造りですから、中骨(血合い骨)はサクッと削ぎ取ってください。
クラカケトラギス 捌き
サクを糸状に切ります。イカソーメンみたいな感じです。これは先にも書きましたが、旨味よりも歯ごたえを楽しむ超簡単な1品です。
クラカケトラギス 糸造り
ハイ、お皿に盛って出来上がり。ワサビ醤油で酒の肴にどうぞ。癖の無い食味です。ちなみに、カワハギではこのクラカケトラギスや本家トラギス、ベラ、キタマクラ、ネンブツダイ、スズメダイ等々、外道のオンパレードになる事がよくありますが、それらをリリースしないで船の上に転がして日干しにしている人がいますけど、見ていてあまり気分の良いものではありません。針が鰓にかかって血の出た魚はリリースしても、海に戻れるかどうか分かりませんが、カモメの餌になろうとも、やはり海に戻してあげるべきだと思います。食べないのなら、海に戻しましょう。

テキトー簡単お魚メニュー 目次へ




アクセス数ベスト5コンテンツ
★魚の捌き方・下処理 オニカサゴの毒針処理
★魚の捌き方・下処理 カワハギの「五枚おろし」&肝処理
★食べない魚はリリース 食べられますけど… ササノハベラ
★食べない魚はリリース 食べられますけど… エイ
★魚が釣れ過ぎた時の保存法等


「釣り」テーマ以外の運営サイト
趣味&雑学&ハウツー自己サイトPR
「船釣りを楽しむ」サイト
船釣り バナー
「ボート釣りを楽しむ」サイト

ボート釣り バナー

■サイトポリシー ■プロフィール
■お問い合わせ
ページトップへ戻る

Design by Megapx / Template by s-hoshino.com
Copyright(C) Nasamuk All Rights Reserved.