テキトー簡単お魚料理 タイトル

食べられますけど… ネンブツダイ


ネンブツダイとは凄い名前です。縁起の悪さではキタマクラと双璧をなしますね。同じようにカワハギ釣りの定番外道ですが、ネンブツとキタマクラが両方釣れたら、ちょっと…、ですね。キス釣りでも来ることもあります。このネンブツダイ、体の割に口が大きく、カワハギの餌である生アサリをバクッと喰ってきます。餌取りというだけならいいのですが、このネンブツダイが釣れると、それを合図のように他の魚が釣れなくなります。本命のカワハギも。キスの場合はキャスティングして他のポイントを狙う事で何とかなります。
ネンブツダイ
私は、魚が釣れなくなるから「念仏(ナムアミダブツ、チーン!てな感じで…)」の名前が付いているのだと思いました。キンギョと呼ぶ人もいますが、まあ、雰囲気は似ています。ネンブツという名前の由来は、この魚の特異な生態にありました。このネンブツダイ、雄がその口の中で卵を孵すそうです。その時、新鮮な海水を循環させるために大きな口をパクパクさせ、それが念仏を唱えてるように見える事からその名が付いたようです。余談ですが、似ている魚にクロホシイシモチというのがいますけど、殆ど見分けはつきません。クロホシイシモチもイシモチのように耳石を持っていますが、ネンブツダイにも耳石があるそうです。ですから、食べる方は頭を取ってしまうそうです。頭取ったら殆ど身は無さそうですけど…。

食べ方としては唐揚げが比較的ポピュラーなようです。ウロコ、エラ、内臓をとって塩・コショーして、唐揚げで食べると意外と美味しいそうです。その時に、耳石を嫌って頭を取る人と、気にしないでそのまま食べる人とそれぞれのようです。味噌汁の具や、干物でもいけるそうです。淡白な白身で、好んで食べる方もいらっしゃるようです。刺身はさすがに無理でしょう…。

食べない魚はリリース 目次へ



★魚の捌き方・下処理 オニカサゴの毒針処理
★魚の捌き方・下処理 カワハギの「五枚おろし」&肝処理
★食べない魚はリリース 食べられますけど… ウミタナゴ
★食べない魚はリリース 食べられますけど… エソ
★魚の捌き方・下処理 アナゴの捌き方

趣味&雑学&ハウツー自己サイトPR

■カタログ気分でお楽しみください。掘り出し物が見つかることも…。
↑「すべて表示」をクリックするとAmazon.co.jpの検索結果一覧に移動します。

スポンサー リンク

他 リンク

「船釣りを楽しむ」サイト
船釣り バナー
「ボート釣りを楽しむ」サイト
ボート釣り バナー


■サイトポリシー ■プロフィール
■お問い合わせ
ページトップへ戻る

Design by Megapx / Template by s-hoshino.com
Copyright(C) Nasamuk All Rights Reserved.