テキトー簡単お魚料理 タイトル

テキトー簡単お魚メニュー オニカサゴを味わい尽くす


「オニカサゴの毒針処理」が終わって、安全な身の状態になったら、後は三枚おろしの要領で捌き、刺身に鍋に、その美味しさを堪能してください。ちなみにオニの皮は旨みの塊ですから、皮を引いた後、決して捨てたりしないように。塩コショウを振って火で炙ってそのまま食べても、鍋に入れて食べても、松皮造りにしてもその旨みを楽しめます。
オニカサゴ 毒針処理
しかし、まだまだオニカサゴは味わい尽くせるのです。内臓の中から肝と胃袋(大型になれば腸も)を取り出してください。肝は言うに及ばす肝刺し。胃袋(&腸)は裏返してよく洗い、肝刺しを作る要領でお湯をくぐらせ、氷で粗熱を取り、細切りにします。これだけで、コリコリとした食感が楽しめます。どれが胃袋なのか分からない、という心配はありません。下の左端のイラストにある上のような形をしたのが胃袋です。腹を開けばすぐに分かります。胃袋はヒラメなど、そこそこの大きな胃袋であれば同様にいただけますが、やはりオニカサゴのものが歯ごたえとしては一番!
オニカサゴ 胃袋 肝
あと、胸びれと尾びれを付け根から切り取ってください。キッチンバサミを使えば簡単に切り取れます。これを水洗いしてヌメリを取り、ペーパータオル等で水気をよく取り、皿に乗せて、カラカラになるまで乾かしてください。まだ十分に乾いていない時は、ゼラチン質で皿にくっついてしまいますので、ある程度乾くまでは適度に表裏をひっくり返してください。数日してカラカラに乾いたら火であぶり、これで「鰭酒」をいただきます。フグの鰭酒が有名ですが、個人的にはこちらの方が香ばしくて美味い!
オニカサゴ ヒレ酒
ハイ、オニカサゴは鰓以外捨てるところなく味わい尽くせます。40cmオーバークラスが来たら、その夜の食卓は誠に楽しいものとなります。オニカサゴを味わい尽くせるのは釣り師の特権。毒針なんぞを恐れている場合ではありません。が、くれぐれも注意してください。痛いですよぉ…、刺されると。

テキトー簡単お魚メニュー 目次へ




アクセス数ベスト5コンテンツ
★魚の捌き方・下処理 オニカサゴの毒針処理
★魚の捌き方・下処理 カワハギの「五枚おろし」&肝処理
★食べない魚はリリース 食べられますけど… ササノハベラ
★食べない魚はリリース 食べられますけど… エイ
★魚が釣れ過ぎた時の保存法等


「釣り」テーマ以外の運営サイト
趣味&雑学&ハウツー自己サイトPR
「船釣りを楽しむ」サイト
船釣り バナー
「ボート釣りを楽しむ」サイト

ボート釣り バナー

■サイトポリシー ■プロフィール
■お問い合わせ
ページトップへ戻る

Design by Megapx / Template by s-hoshino.com
Copyright(C) Nasamuk All Rights Reserved.