テキトー簡単お魚料理 タイトル

テキトー主義宣言!



キッチン 本サイトは「テキトー簡単」を掲げていますが、これは決して「手抜き、いい加減」という意味ではありません。永く釣りをやってきて、色々な釣り師を見てきましたが、釣りは趣味ですから個人のものであり、誤解を恐れずに言うなら「趣味とは偏見を楽しむもの」であるとも思っています。しかし、マダイやヒラメなどの高級魚ばかりをありがたがるのは、気持ちとしては十分に理解できますが、釣りと言う楽しみを偏狭なものに追いやりすぎているように思います。

狙っている釣りものと違う魚が来るとそれを「外道(げどう)」と呼びますが、これは私も習慣的に使います。しかし、本来的な意味ではとんでもない言葉です。ただ、もうあまりに定着していますし、他の言葉に置き換わることもないでしょう。能書きですが、私は「釣りは五目が原点であり、釣れた魚は全てありがたい海の獲物(=食べ物)」と考えています。外道などという魚はいません。「それをできるだけ手軽に、できるだけ美味しく、不要に手をかけすぎることなく日常的な料理の手法で楽しむ」。それがテキトー簡単の考え方です。
 
食べるだけなら料亭でゴージャスな料理に舌鼓を打つも良し、ですが、自分が海の中から釣り上げた魚を自分で料理して食べる。これが釣りの完結型、太公望の醍醐味であると思います。魚に美味い不味いがあるのは人の好みによるもので、多くの魚たちは海が作った「旨みの作品」ではないでしょうか。粗末にしてよい魚などありません(怖い魚はいますけど)。

某船宿の女将さんが言った「釣りをしてるのに、意外と魚の美味しい食べ方を知らない人って多いんだよね」という言葉は経験上、まさにその通りだと思います。食の伴わない釣りは楽しさ半減です。その「食」をもっと身近に、手軽に、が本ページの「テキトー簡単」であり、テキトー主義です。「一生幸せになりたければ釣りを覚えなさい」とは、誰が言った言葉か忘れましたが、子供のころから続けてきた釣り。まだまだ続きます。以上、能書き、ご容赦。

テキトーコラム 目次へ




アクセス数ベスト5コンテンツ
★魚の捌き方・下処理 オニカサゴの毒針処理
★魚の捌き方・下処理 カワハギの「五枚おろし」&肝処理
★食べない魚はリリース 食べられますけど… ササノハベラ
★食べない魚はリリース 食べられますけど… エイ
★魚が釣れ過ぎた時の保存法等


「釣り」テーマ以外の運営サイト
趣味&雑学&ハウツー自己サイトPR
「船釣りを楽しむ」サイト
船釣り バナー
「ボート釣りを楽しむ」サイト

ボート釣り バナー

■サイトポリシー ■プロフィール
■お問い合わせ
ページトップへ戻る

Design by Megapx / Template by s-hoshino.com
Copyright(C) Nasamuk All Rights Reserved.