テキトー簡単お魚料理 タイトル

食べられますけど… ウミタナゴ


淡水魚のタナゴはポピュラーな魚で、これはコイの仲間です。ウミタナゴはスズキの仲間で、ベラ亜目ウミタナゴ科です。東京湾や相模湾で「タナゴ釣り」と言えば、このウミタナゴ狙いの釣りものです。波止などの沿岸から釣れます。ウミタナゴは「卵胎生」で知られていますが、生まれた稚魚は数センチにもなって、即、泳げます。ウミタナゴの仲間にマタナゴ、アオタナゴ、アカタナゴがいますけど、色が若干違うだけで形は同じです。このウミタナゴ、沖で釣れる事は無いのですが、オキタナゴという仲間がいて、これはやや沖目を泳いでいるらしく、船からでも釣れるかもしれません。オキタナゴはウミタナゴに比べて少しスレンダーです。
ウミタナゴ
で、ウミタナゴはボート釣りで沿岸近くにいる時、釣れます。ゴンズイやミノカサゴと同じように波止周りや地磯近辺、沖の磯周りにもいます。磯釣りの「餌取り」代表格です。漁の対象にもなっていますし、釣りものとしての対象でもありますので、食べられる魚です。が、私はリリースします。あまり大きなものは来ないので…。中には30cm近くにまで育つ個体があるそうですけど、見た事はありません。たいてい、私が釣るのは10cmちょっと位です。大きいのが来れば食べると思いますが、卵胎生ですので稚魚が「既に魚の形」で腹の中にいると、ちょっと不憫で…。

食べ方としては「塩焼き」「煮付け」が相模湾辺りですと一般的なようです。ナメロウのように三枚におろして皮を引き、味噌と一緒に叩く料理もあるようなので、大き目なものは刺身でもいけるでしょう。私は一度、船からのメバル釣りで十数センチのアカタナゴ(多分)を釣って、塩焼きで食べた事がありますが、やはりベラに近いのか、それとも個体によるものか、ちょっとパサついた食感でした。20cm程度のものがくれば立派な獲物です。もしメスで稚魚が腹の中にいたら、稚魚は放流しましょう。腹を絞るようにすれば出てきます。出しにくい時は、どうせ食べるのですから腹を少し切って稚魚を取り出し、稚魚は海に戻してやりましょう。

食べない魚はリリース 目次へ




【商品検索】

↑「すべて表示」をクリックするとAmazon.co.jpの検索結果一覧に移動します。

「釣り」テーマ以外の運営サイト
趣味&雑学&ハウツー自己サイトPR
「船釣りを楽しむ」サイト
船釣り バナー
「ボート釣りを楽しむ」サイト
ボート釣り バナー


■サイトポリシー ■プロフィール
■お問い合わせ
ページトップへ戻る

Site Menu


お勧めコンテンツ
■魚の捌き方・下処理
「基本中の基本 三枚おろし」
「基本中の基本 五枚おろし」
「オニカサゴの毒針処理」
「アラの下処理基本」
■テキトー簡単お魚料理メニュー
「ヒラメの皮の煮こごり」
「ガンゾウビラメのソテー」
「イサキの白子炙り&真子煮」
「ショウサイフグの骨酒」
「キントキの皮揚げ」
■テキトーコラム
「料理に失敗無し!」
「一物全体・一物全食」
「魚が釣れ過ぎた時の保存法等」

釣り三昧3サイト内検索
釣りの総合検索エンジン!
つりラブ
釣り情報「釣りなび」

Design by Megapx / Template by s-hoshino.com
Copyright(C) Nasamuk All Rights Reserved.